サプリメントとはどんなものを指す?

サプリメントとはどんなものを指す?

最近健康や美容目的でサプリメントを取り入れる人が増えていますが、サプリメントがどんなものなのかというと食品に分類されます。

ビタミンやミネラル等の不足しがちな栄養素を補うために用いられますので、栄養補助食品や健康補助食品と呼ばれています。

利用する際には目的別に選びますので、あたかも薬のような扱いに思われることが多いのですが、実際には食品ですので食事で足りないものを補う程度と考える必要があります。

医薬品の場合には厳しい規制を受けていて適合している場合に限り効能や効果を謳うことができますので、サプリメントとは全く異なるものです。

入手方法もサプリメントはドラッグストア等で手軽に入手できるのに対し、薬は医師による処方箋が必要であったり薬剤師のいる薬局でしか購入できません。

医薬品とサプリメントの違いは?

医薬品とサプリメントの違いは?

医薬品もサプリメントも似たような形状をしています。粒状の錠剤であったりカプセルであったりします。

しかし中身は全く違うものであることは認識しておきたいことです。サプリメントは健康を増進させるものであったり、筋肉を増強させることに特化したものであったり、あくまでも「食品」です。

対して医薬品は細胞実験・動物実験・ヒト試験を行い、過程の科学的根拠が蓄積され最後はヒトでの臨床試験を経て世に出ます。そして使用時は医師や薬剤師の管理の下、安全に使用される環境が整っています。

サプリメントの中にも医薬品と同成分が含有されていることもありますが、大きな違いは医薬品はその有効成分の量が明確に管理されていて、サプリメントはその量に関しては臨床試験などがされていないことから、安全性が担保されていません。

効かないからといって大量に飲むなど誤った使用法を行うと、どういったことが起きるか分からないという危険性もあります。

サプリメントなどにある特定保健用食品とは?

サプリメントなどにある特定保健用食品とは?

特定保健用食品とは、体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品のことです。通称トクホ、特保と呼ばれています。

特定保健用食品には消費者庁許可のマークが付されており、サプリメントなどに多く見られます。

一般食品や栄養機能食品などの健康食品とは違い、特定保健用食品として販売するには、実験データに基づいた食品の有効性や安全性について審査を受け、効能効果の表示について国の許可を受ける必要があります。

健康食品などを選ぶ際に品質や効能などの基準の一つとすることができます。

現在では、血糖値や血圧が高めの方用や、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助ける、便通などのおなかの調子を整えたりするのに役立つなどの多くの特定保健用食品のサプリメントが販売されています。